24時間換気システム



■ 24時間換気システム(24時間換気)って何?



24時間換気システムとは

2003年7月にシックハウス対策として建築基準法が改正され、新築住宅は換気システム(24時間換気)の設置が義務付けられました。

換気システムは、1時間あたり住宅内の空気の半分(0.5回)を外の新鮮な空気と入れ替えること、 住宅内に浮遊するシックハウスに関する化学物質の濃度を下げることが役割です。


■ なぜ、換気が必要なのか?



1. 結露防止

結露は カビ・ダニの発生の原因になります。
また、結露が発生するとその水分により、断熱材や木材をはじめ 建材の劣化 につながり家の寿命を縮めます。

2. 花粉 や PM2.5など

外気には花粉やPM2.5といった有害物質が多く存在します。
それら有害物質が室内に入らないように、外気の導入はフィルタを通して室内に取り込むという働きを換気が担います。

3. CO2濃度

「頭がぼんやりする」「眠くなってきた」などはCO2濃度に原因があるかもしれません。 CO2濃度の上昇は、思考力や集中力の低下にもつながります。換気は、CO2濃度を低下させる事により、生活の質を向上させる役割を担います。

4. 省エネルギー

第1種換気には熱交換装置が付いており、部屋の温度を外に逃しにくくなっています。 少ない電力で熱を回収するため、冷暖房負荷を減らし、光熱費を減らすことができます。 また、室内の温度変化が少なくなるため、冬場のヒートショック対策としても非常に有効です。

5. 換気と気密性

換気と気密性は密接な関わりがあり、メーカーの掲げる第1種換気の熱交換率は C値 = 0.3cm2/m2(完成気密)を必要とすると言われています。 これは第1種換気のみならず『換気全般』に言えることで、気密性が悪いと家の隙間から勝手に空気の出入りが発生し、 計画通りの換気が出来きません。この件は気密測定のページでも書いていますが隙間があると『室内と外の温度差の境目』で結露が発生します。 特に壁内の結露は断熱材や木材を腐らせ 家の寿命を縮めます。このことから気密性はとても重要と言えます。


■ 換気計画について



当社ではお客様に合わせた換気システムの提案はもちろん、ノウハウを詰め込んだ換気経路図の作成を行っております。 同時に換気回数0.5回を目標にした換気計算書も作成しております。

換気工事の流れ

図面から換気計画を練り → 換気経路図(配管図)作成 → 圧力損失の換気計算書作成 → 見積提出 → 取り決め → 納材 → 工事職人と現場で打ち合わせ → 完成時換気流量調整 → 御引渡し → 取り扱い説明という流れになります。


■ 換気システムの流量調整について



換気システムは各部屋に合わせて換気量を調整しないとパフォーマンスが発揮できません。 当社では台所、トイレ、洗面などダーティーゾーンは換気量を多めに、 寝室・子供部屋などは換気量を少なくするなどお客様の生活スタイルに合わせて調整しています。


■ 24時間換気システムのご提案はお任せください



当社では ジェイベック、ガデリウス、スティーベル、マーベックス、三菱など、換気システムの販売を行っております。 第1種換気、第3種換気をお客様のご要望に合わせ提案いたします。



■ 換気についてブログを書いています



換気についての情報、トラブル対応、メンテナンス、施工例などを
ブログに書いています。
興味のある方はぜひ。

山男のつぶやき:換気